会計の話をマンガで学ぼうという異色なアプローチながら、ためになる本がこちら。

森岡、渡邊著、マンガで入門!会社の数字が面白いほどわかる本

まずは、マンガというのがシロートにも取っつきやすくていいですね。ある会社に入社した主人公が、最初はダメダメだったのが、数字を使いこなすことでメキメキと頭角を現していく…最後には、会社の不正を見抜いてハッピーエンド(かな?)というストーリーです。

難しい言葉で言うと、主に管理会計と内部統制ツールとしての財務諸表の使い方を解説した本なので、実務でもすぐに使えそうです。

前ページ
竹内 謙礼、青木 寿幸著、会計天国を読む
次ページ
久保憂希也著、経理以外の人のための 日本一やさしくて使える会計の本を読む
 
  管理会計セミナーのページに戻る