━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌─┬─┬─┬─┬─┐┌──┐
│3│6│5│日│で││\/│☆   英語「を」学ぶな、英語「で」学べ
├─┼─┼─┼─┼─┼┴┬─┼─┐
│学│ぶ│ │金│融│英│語│ │
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━━━━━

  ┌─────────────────────┐
     【分からないのは英語?マネー?】     
   世にあるマネー情報を初心者目線で「格付け」
   3分でマネー・リテラシーをダントツに伸ばす
      http://tinyurl.com/yh5h466       
  └─────────────────────┘

マネーに特化して英語「で」学んで爆発的なスキルアップを狙いましょう!
  −・−・−・−・−・−・−・−・−・−

●本文
 Alternatively, inflation may be caused by increases in the costs of
 labour and raw materials eg an increase in the world price of
 oil would cause prices everywhere to rise.

●チェックポイント!
 ・alternatively もしくは
 ・inflation インフレ
 ・caused by ○○ ○○によって引きおこされる
 ・labour 労働力
 ・raw material 原材料
 ・everywhere あらゆるところで

●対訳
 もしくは、インフレは労働コストや原材料価格の上昇に
 よっても引きおこされる。たとえば、世界的に原油価格が
 上昇する時、全体の物価は上昇する

●英語「で」学ぶポイント
 インフレの原因その2を説明した今日の本文は、労働コストと
 原材料価格の上昇をその理由に挙げています。

 例として挙げられている原油価格の上昇は我々にとっても
 身近で、つい数年前に石油の価格が上がった時には、普段は
 98円で売っているボンカレーが128円まで値上がりしたりして、
 日常生活にも影響が出ました。

 表現面で押さえたいのは、冒頭の”Alternatively”。「もしくは」、
 「または」と言う意味で、”or”と極めて似ています。

 ただ、実はこれ意外と知られていないんですが、格式高い英文を
 書く時は、”or”とか”and” とかは文の冒頭に使わないんです。

 たとえば論文を書く時なんかそうで、”Or inflation may be
 caused by …”なんて文章を書こうもんなら、師事している
 教授から、「チミはだらしない英語を書くねぇ」なんてイヤミ
 たらたらで言われてしまいます。

 そこまで相手に言われても、「はぁ?」と分からないのは
 よっぽど恥ずかしいので、日本人があまり知らないこの
 隠れたルール、ぜひ押さえちゃいましょう。

[関連項目:シナプスがビビビッと広がる英語のネットワーク]

http://www.money-college.org/blog/campus/?p=1795

■□■このメールマガジンについて■□■────────────────
□配信中止・変更はこちら
 http://www.money-college.org/blog/campus/?page_id=931

□配信元
 マネー・カレッジ
───────────────────────────────────