━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌─┬─┬─┬─┬─┐┌──┐
│3│6│5│日│で││\/│☆   英語「を」学ぶな、英語「で」学べ
├─┼─┼─┼─┼─┼┴┬─┼─┐
│学│ぶ│ │金│融│英│語│ │
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━━━━━

  ┌─────────────────────┐
       投資で成功する人、失敗する人
    違いはたった一つの「リスク分散の法則」
       http://tinyurl.com/ydrled4
  └─────────────────────┘

マネーに特化して英語「で」学んで爆発的なスキルアップを狙いましょう!
  −・−・−・−・−・−・−・−・−・−

●本文
 Financial advice should be:

 ・aimed at suiting the special needs of the customer –
  successful financial advisers propose those products
  that will give customers what they need while at the
  same time being affordable in relation to their circumstances.

●チェックポイント!
 ・aimed at ねらう
 ・suiting 
 ・propose 提案する
 ・while 一方で
 ・at the same time 同時に
 ・affordable 
 ・circumstances 状況

●対訳
 マネーのアドバイスの必要条件:

 顧客独自のニーズに適合していること – 上手にマネーのアドバイスを
 する人は、顧客のニーズに応えていると同時に、経済的にも手が届く
 金融商品を提案するものだ

●英語「で」学ぶポイント
 さあ、今日の本文はちょっと長めですが大丈夫、「長い英文はヒントの
 多いクイズのように解きやすい」んですから。

[関連項目:長い英文はヒントの多いクイズのように解きやすい]

http://tinyurl.com/y8zuese

 とはいえ、ちょっとややこしいですよね、今日の文は。その原因を
 求めるならば、”that”と”what”にあります。

 文法用語では「関係代名詞」と言いますが、どの文がどの文を修飾
 (詳しく説明)して…なんて複雑な構造を創り出している元凶。

 と言うのの解決策が、「丸覚え派生法」。まずは、”what they need “で、
 ひとくくりに「必要なもの」と丸覚えしちゃいましょう。

 んで、これをどんどん派生していくのです。つまり、

  ”what they want”=「欲しいもの」

 と最後の動詞を変えて覚えても良いし、

  ”what you need”=「あなたが必要としているもの」

 と最初の主語を変えても良いですね。

 単に暗記するだけじゃなく、そこを基点にどんどん言語のネットワークを
 拡げていく…有効な英語の学習法です。

■□■このメールマガジンについて■□■────────────────
□配信中止・変更はこちら
 http://www.money-college.org/blog/campus/?page_id=931

□配信元
 マネー・カレッジ
───────────────────────────────────