会計セミナーで決算書の見方を理解

会計チェックテスト【マスター編】

決算書の見方
このチェックテストに対応するセミナー
diag_management_smalldiag_3hyou_small
diag_nyumon_small


Q1 キャッシュフロー計算書を見るとき、経営者がとくに気にするポイントは? *

 a) ウチの会社は儲かっているかという「収益性」
 b) ウチの会社にはムダな資産がないかという「効率性」
 c) ウチの会社は大きくなっているかという「成長性」
 d) ウチの会社は支払いが滞らないかという「安定性」

Q2 「キャッシュフロー計算書」は大きく三つのパートに分かれます。その三つにあてはまらないのはどれでしょうか? *

 a) 投資キャッシュフロー
 b) フリーキャッシュフロー
 c) 財務キャッシュフロー
 d) 営業キャッシュフロー

Q3 「投資キャッシュフロー」がプラスになるのは次のどの場合でしょうか? *

 a) 外部の株主から自社に投資をしてもらった時
 b) 工場建設などで会社が設備投資をした時
 c) 使っていない土地を売却した時
 d) 未払いになっていた仕入れ価格を精算して入金したとき

Q4 「損益計算書」と「キャッシュフロー計算書」の関係を表した文章で適切なものは? *

 a) 損益計算書とキャッシュフロー計算書は独立しているのでまったく関係がない
 b) 損益計算書の営業利益は、キャッシュフロー計算書の営業キャッシュフローと一致する
 c) 損益計算書の減価償却費は、キャッシュフロー計算書に関係しない
 d) 損益計算書の利益額は、キャッシュフロー計算書の現金残高と一致する

Q5 「貸借対照表」と「キャッシュフロー計算書」の関係を表した文章で適切なものは? *

 a) 貸借対照表とキャッシュフロー計算書は独立しているのでまったく関係がない
 b) 銀行からお金を借りたとき、貸借対照表には関係ないがキャッシュフロー計算書には関係する
 c) 株主にお金を出してもらったとき、貸借対照表には関係ないがキャッシュフロー計算書には関係する
 d) 貸借対照表の現金は、キャッシュフロー計算書の現金残高と一致する

Q6 固定費とセットになるのが「変動費」。その説明として適切なのは? *

 a) その時払いで支払日が固定されていない費用
 b) 売上の増加とともに増えていく費用
 c) 少額の請求がたくさんあり、支払う相手が固定されていない費用
 d) 「ワンイヤー・ルール」が適用された、1年以内に支払う必要がある費用

Q7 損益分岐点を計算する基礎となるのが「限界利益」。その説明として適切なものは? *

 a) 社員が限界まで頑張ればこのくらいまで利益が出せるという上限値
 b) 会社が利益を出すためには、商品価格をギリギリここまで下げられるという水準
 c) 商品が1個売れた時に得られる利益
 d) 社員が「ウチの会社の利益はこのくらい」と勝手に思うこと。これをぶち破るのが経営者の仕事

Q8 損益分岐点は、限界利益が会社の固定費をちょうど回収できたポイントという説明もできます。計算式として一番適切なのは? *

 a) 損益分岐点=限界利益÷会社の固定費
 b) 損益分岐点=会社の固定費-限界利益
 c) 損益分岐点=会社の固定費÷限界利益
 d) 損益分岐点=限界利益-会社の固定費

Q9 会社の売上を細かく分解してみました。「因数分解」的に見てモレがあって不適切なのはどの分解方法? *

 a) 売上=客単価×顧客数
 b) 売上=新規客+リピーター
 c) 売上=店舗数×店舗の平均売上
 d) 売上=家族連れ客の売上+カップル客の売上

Q10 売上を分解して分析しない会社の中でよく聞くセリフは? *

 a) 「私のカンでは、この商品を売るためには…」
 b) 「オレの経験からすると、この商品を売るためには…」
 c) 「とにかくド根性で売りまくれ!」
 d) 上記三つ全て


TEL 03-6686-1808 10:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)
運営: シンメトリー・ジャパン株式会社

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © マネー・カレッジ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.