昨日からの続きで、「英語の質問に英語で答えよう」、というチョー
実践的な学びをお届けしています。

(昨日のメルマガはこちらから)

http://www.money-college.org/blog/campus/?p=2135

質問はこれ。

 1. How many ways of categorising people can you think of?

 2. Which ones do you think might be useful for a financial
  services provider?

1の答は昨日出ていて、

 age、gender、income、occupation、location、family status
 (married/living with someone, single, widowed, parent)
 homeowner/renting、interests and hobbies

などなど。

じゃあ、今日は問題2。さあ、考えてみましょう!答はちょっと
下の方に載せます。

まずは正解から。

答は、

 age、income、homeowner/renting

の3つかな。

じゃあ、問題に戻って…

 2. Which ones do you think might be useful for a financial
  services provider?

訳すると、

 金融サービス提供業者にとって有益なのはどれだと思いますか?

最初の”Which”や途中の”useful”は比較的なじみがある単語かも
しれないので、質問の意味が分かった人も多いかもしれません。

そうすると、答は、その人の財産をある程度表すであろう年齢”age”
であり、収入のレベル”income”であり、住宅ローンの顧客となるか
否かが分かる、持ち家なのか借家なのか”homeowner/renting”となり
ますね。

もちろん、他の要素もハズレじゃないけど、訳してみると上記三つが
一番重要そうなのが分かります。

 gender 性別
 occupation 職業
 location 居住地
 family status 家族状況
  (married/living with someone, single, widowed, parent)
  結婚してるか、誰かと同居してるか、独身か、寡夫/寡婦か
  子供がいるか
 interests and hobbies 趣味

さあ、明日はいつもの調子に戻って、ちょっと簡単な文になります。