すいません、ビミョーな問題をはらんでいるそうです (編集後記につづく)

<目次>──────────────────────────────

【1】「ゼミナール 現代金融入門」を勝手格付け

【2】外国人が見た日本の不思議  日銀は「一匹狼」でアンフェア!?

【3】「銀座ランチマップ」 「スペイン料理激戦区」に新たなチャレンジャー

【4】マネカレ指数〜日経平均を1万円で買い続けるとどうなる?

【編集後記】

──────────────────────────────────
【1】マネー情報を勝手格付け
  〜 世にあふれるマネー情報、「使える」のはどれだ?
──────────────────────────────────

経済ニュースって、どのくらい分かります?

最近は為替にしてもデフレにしても、ニュースになるような事件が多くって、
これを理解できないとちょっとキビシイ。

と言うことで、経済関連の本が売れているようですが、この分野は玉石混交。

ちゃんとした理論にのっとってない「トンデモ本」が、平気に売られています
からね。

しかも、そういう著者に限って、本当は複雑な経済問題を、「これはすべて
○○が原因である」と言い切っているものだから、分かりやすいが故に
ファンがついちゃっていたりします(「○○」には、「アメリカ」とか、「小泉
改革」とか「フリーメーソン」とかがよくあるパターン)。

ということで、ホンモノの経済本としてお勧めしたいのがこちら。

斎藤 精一郎著、ゼミナール現代金融入門

http://www.money-college.org/blog/campus/?p=1023

ちなみに、手に取ってみると分かるのは、厚さ3cmを超える大著だということ。

でも、実はこの手の本って分厚い方が分かりやすいんですよ。

だって、薄い本はそれだけ説明がはしょってあるわけで、「こことここがどう
つながるか分からない」となりがち。

むしろ、言葉を尽くして図解を尽くして解説してくれている本書のような
ものの方が理解しやすいのです。

そのうち、これを輪読する読書会とかやりたいなー、と思っています。

分 野  :☆ふやす ☆かりる ☆つかう ★そなえる ★かせぐ
難 易 度:★★★☆ (中上級者向け)
オススメ度:★★★★ (四つ星)

●データ
サービス名:ゼミナール現代金融入門
分 類  :書籍
発行頻度 :−
提 供 者:斎藤 精一郎
閲覧者数 :-
H P  :http://www.money-college.org/blog/campus/?p=1023

──────────────────────────────────
【2】外国人が見た日本の不思議
  〜世界ナンバーワン経済紙ウォール・ストリート・ジャーナル記事〜
──────────────────────────────────

「外国人が見た日本の不思議」では、世界ナンバーワン経済紙、ウォール・
ストリート・ジャーナルの記事をヒントに、外国人が日本のことをどう見てる
かを読み解きます。

今週ピックアップするのは、”Bank of Japan’s Maverick Move Not a Sure Bet”と
いう記事で、9月15日に実施された日本による為替介入を論考しています。

“Marverick”というのは、「一匹狼」を指すので、日銀が他国の同意を得ないまま
介入したことに皮肉を込めているのですね。

記事本文に目を移してみると、こんな表現が気にかかりました。

 ”Unilateral currency intervention, once a common tool among
  industrialized economies, fell out of favor in recent years,
  amid a perception that it was unfair to trading partners and
  ineffective over the long term”

一国のみの介入はアンフェアーと見られるんですね〜、国際的には。

アメリカだってドル安容認だろ、なんて、なんだか納得いかないけれど、
そういう風に国外の人が見ていることは、肝に銘ずべきでしょう。

元の記事はこちらへ: http://bit.ly/aqQviu

ち・な・み・に…
「英語、分かんない〜」という人のための「WSJの読み方講座」があります。
WSJ日本版の1ヶ月無料クーポンもついていてお得

http://www.money-college.org/english.php

──────────────────────────────────
【3】「銀座ランチマップ」
   〜今週のイチオシは?〜
──────────────────────────────────
「秘かなスペイン料理激戦区」銀座に新たなチャレンジャー登場!

 カフェレストランHOLA (パスタセット、1,000円)

アクセス:http://www.money-college.org/blog/campus/?page_id=2021
マネカレ・バリュー:★★☆ (二つ星)
分煙状況:☆☆☆ (まったく分煙されていない)

──────────────────────────────────
【4】マネカレ指数
〜 日経平均を1万円で買い続けるとどうなる?〜
──────────────────────────────────
じわじわとあがっていってはいるけど…

2010年9月22日の
        マネカレ指数:  11,897円
        日経平均株価:  9,566円

これまでの投資金額:     2,090,000円
儲け:             -409,393円
単純な利益率:          -19.6%

(マネカレ指数とは)
2006年7月19日(水)をスタート・ポイントとして、毎週水曜日に日経平均株価に
連動する投資信託を1万円買いつづけた場合の平均購入単価です。

マネー・カレッジの「夢をかなえるマネー術」の投資方法の参考にしていただくた
めに計算しています。

このコーナーの説明はこちら

http://www.money-college.org/blog/contents/takeoff/mc_index/

──────────────────────────────────
【編集後記】
──────────────────────────────────

マネー・カレッジ代表の木田知廣です。

まずは一つおわびとご注意を。

先週紹介した「ブックスキャン」サービス、著作権法的には微妙なところが
あるそうです。

詳しくは9月20日付け日経新聞の16面に記事が出ているので、気になる
人はぜひチェックしてください。

さて、セミナーのご案内は、会計ゲームの最終便。

金持ち父さんの「キャッシュフローゲーム」ってやったことがあるかもしれ
ませんが、あれよりはずいぶんと学びのポイントが明確になっているはず。

ゲーム会のあとで懇親会も考えているので、ご興味ある方はぜひどうぞ。

【会計ビジネスゲーム会】
 日時:10/09/26 (日) 14:00 – 18:30
 会場:アットビジネスセンター東京駅3号室
 交通:東京駅・有楽町駅徒歩6分、京橋駅・銀座一丁目駅徒歩2分、銀座駅徒歩5分
 地図:http://abc-kaigishitsu.com/tokyoeki/access.html
 講師:高橋 興史
 詳細:http://www.money-college.org/3hyou.htm
 料金:4,800円

あと、マネー・カレッジの受講者有志が運営している「ハッピーライフ・
プロジェクト」主催で、ライフネットの出口社長、ファイナンシャル・
ジャーナリストの竹川さんをお招きしての勉強会も、ぜひ行ってみてください。

保険の話、大事ですからね。

P-Aトレードオフとか、当たり前だけど重要なコンセプトです。しかも、このお二人の
話ならば、「ぶっちゃけ」の具体論まで提示されるはず。

【不安な時代を生き抜くための、知らなきゃ損!のマネー術】
●開催日時:9月25日(土) 15:00〜17:30
●会場:スター貸会議室四谷 302号室
●詳細&申込:http://kokucheese.com/event/index/4027/

──────────────────────────────────
●メルマガ名    夢をかなえるマネー術
          マネーゲームじゃない。かなえたい夢があるから投資する。
●発行人サイト   http://www.money-college.org/
●発行者名     シンメトリー・ジャパン株式会社
●発行者メール   mm @ money-college.org
●登録/解除/変更 http://www.money-college.org/mm.php

●当メルマガは投資や資産運用について学習することを目的としています。
 したがって、実際の運用の成功を保証するものではありませんし、当メルマ
 ガ内の情報に基づいて生じた損失についても発行者はその責を負いません。

●内容に関しては万全を期しておりますが、その完全性、正確性について、保
 証するものではありません。

●このメルマガは著作権により保護されていますが、夢を実現するための投資
 や行動のお役に立つのであれば、ご自由に転送、転載していただいて構いま
 せん。ただ、その際には、「マネー・カレッジによれば・・・」と、出典を
 明らかにしてください。

Copyleft 2006-2010 Symmetry Japan, Inc. All rights reversed.
──────────────────────────────────