「世界で通じるビジネス英語の法則」に参加してくださった水瀬 ケンイチさんによるインデックス投資のブログです。

セミナーの感想はこちら

  • コロナ禍で資産形成に向けた行動が最も活発化したのが20代!
    三井住友トラスト・資産のミライ研究所(以下、ミライ研)に、「コロナ禍で増加した時間的なゆとり、資産形成への影響は?」というレポートが掲載されています。三井住友トラスト・資産のミライ研究所 | 三井住友信託銀行ミライ研で男女1万人(20歳~64歳)を対象とした独自アンケート調査を3月に実施したところ、コロナ禍のもとでの「ゆとり時間」の変化と「資産形成への取り組み」についての特徴があらわれてきたとのこ …
  • 山崎元さん「米国株100%、日本株は不要」という人の落とし穴について語る
    東洋経済オンラインに、山崎元氏の「米国株100%、日本株は不要」という人の落とし穴という記事が掲載されています。「米国株100%、日本株は不要」という人の落とし穴 | 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場日本の株価がさえない。一方、アメリカの株価は、一部では「バブル的」と懸念されつつも上昇を続けている。ポピュラーな日経平均株価とNY(ニューヨーク)ダウ30種平均株価を見ると、ともにおおよそ半年前 …
  • 国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(21年7月末)、先進国株式クラスが乖離ほぼゼロ水準に!
    個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。「市場価格と基準価額の乖離」とは、かんたんにいえば、ETFの中身に対して中身どおりの価格がついているか、それとも割高 or 割安な価格がついてしまっているかを表しています。いちばん良いのは、乖離率±0%状態です。国際分散投資に活用できる主要な国内ETF(先進国株式クラス、新興国株式クラス、全世界株式 …